キャッシングローンが返し続けられなくなったところに給与が差押さえられてしまいました!

僕は今札幌で人材派遣に登録する形として2交代で働いていますが、正直給料はたいして多い訳ではありませんでした。派遣なのでボーナスはもらえないのですが、障がいを持っている家族の身の回りの世話をしているからか、出費はかなりかかってしまうのですがこればかりは仕方ありません。もっと稼ぐことができる仕事先をハローワークに行ったりしてはいますが、いまの僕の給料ままでは生活費足りずカツカツだったも多々あり、ちょっとずつカードローンの借りいれ額も増えていったのです。

毎月の返済を数か月払えなくなっていたところ、突然、僕が契約している派遣会社から賃金債権が差押さえられてしまったと電話連絡が入りました。派遣会社から話しをでは、サラ金業者が差し押さえがあったため、僕に給料を振込することができないので、寄託されることになりますとの言われました。貰えるはずの給料が貰えないと聞かされたショックもありますが、作ってしまった借金を滞納させたこの状況を派遣元にも知られたのもあまりにもショックで逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

派遣元の担当の人が借金を解決するんだったらと助言してくれ、弁護士に相談するようアドバイスされたのです。わたしもブログなどでいくつか調べた後に聞いてみたのですが、紹介いただいた弁護士の方は借金処理を専門対応されている事務所でした。相談を聞いてもらった弁護士に相談すると、債務整理の手続をすることで借金の負担が今より減らせるとという提案を受けることができました。現在ある資産状況から自己破産することを裁判所の方で申請し、同時廃止を行えば、それまでの差押さえが停止して、負債についての苦しさからも解放ことができ、新しい気持ちで生活を再スタートできるとのこと。私の仕事は免責される期間の働くことが制限される業種ではなかったでしたし、人材派遣会社にも既にお金に首が回らないと知られていたので、私は自己破産の手続きを弁護士さんにお願いしました。ブランド品の買い物等で生活費の浪費が止まらないという訳ではないと裁判所で説明したので、自分が思うより早めに破産申請が認められたのでした。200日以上過ぎても破産申請に時間のかかる人も少なくないとのことと伺ったのですが、弁護士の先生の尽力もあり、2か月半程度で審査の確定がくだりました。

毎月の返済義務がなくなった上に、職場や賃金の方はそのままキープすることができるので、本当の意味でリスタートます。当分、キャッシングローンを借りられませんが、なにより、クレジットカードで返せず真っ青になる状態もゼロました。グズグズ悩む暇があったら早めに債務整理の相談を弁護士会の相談窓口をすればよかったと思いました。