書籍の宣伝、ゴシップ紙、電話ボックスにあるチラシやDMで、「多重借金の整頓やります

書籍の宣伝、ゴシップ紙、電話ボックスにあるチラシやDMで、「多重借金の整頓やります」「多重債務を一括化しましょう」などといった惹句を目にすることがしばしばです。

そのようなものは、「整理業者」「買取専門人」「紹介者」という俗称の業者の嘘広告のときもあります。

それらを利用した場合では破産申立手順の中で一番大切な免責承認を受けられなくなる恐れもありえます。

「整理人」では宣伝などで債務者を集め、費用を受け取って借金整理をするのですが、実際は借金整頓は行われないで、借金者はより借金地獄に落ちる結末がすべてと言えます。

「買取人」の場合は当人のローンで電化製品、チケットなどを大量に購入させて債務者からそういった品々を購入額の1割から半額で買い直すという手法が主です。

負債人はその瞬間は小金が得られますが、カード業者経由で買ったものの全額の返済請求がきて、債務を増額させることになってしまいます。

この際はクレジットカード企業に対しての詐欺ということで免責許可を受けられなくなります。

「つなぎ業者」は、名の知れた金融業者から拒絶されるようになった負債者について、自分では金貸しは全然せずに、提供を受けられる業者を紹介して、高い費用を要求する業者です。

つなぎ業者は高度な経由で金貸しが受けられたように報告しますが、現実は何もしておらず、ただ調査の緩やかな企業を説明しているというだけです。

このときも結局のところ借金額を拡大させることとなります。