月刊誌の宣伝広告、ゴシップ新聞、街角に見かける広告やDMなどで、「多重借金の片付け

月刊誌の宣伝広告、ゴシップ新聞、街角に見かける広告やDMなどで、「多重借金の片付け任せなさい」「債務をまとめたくありませんか」などのアピールを読むことがよくあります。

それらは、「整頓屋」「買取人」「つなぎ業者」という通称の業者の嘘広告の場合があるということです。

このようなものを申し込んだときには破産申請手続きの中で最重要な免責認可を手に入れられなくなる危険もあります。

「整理業者」の場合は、ダイレクトメールなどで債務者を寄せ集め、常識外の代金をもらって借金整理をしますが結局のところ整頓は実行されずに、依頼者はもっと債務地獄に陥る結末が9割方になります。

「買取人」とは分割払いで、電気製品、電車のチケットなどを多量に購入させて依頼者から買った品を買った値段の10%や額面半値で受け取るという手段のようです。

負債者は短期には現金が懐に入りますがまもなくカード企業からの品物の完全な返済請求が届き、現実には負債額を上乗せする結果になります。

この場合はクレジットカード会社へ詐欺であるとされてしまい免責をもらえなくなります。

「紹介業者」とは大口の消費者金融から拒絶されるようになった負債人について業者としては融資はせずに、金貸しをしてくれる他の同業者を知らせ、高額な依頼料を請求する悪徳業者です。

紹介人は自分の経由で融資してもらえたという口調で報告しますが、本当のところは何もしないままただ選考の甘めの会社を知っているだけというやり口です。

この場合も実際は債務額を増やすことになります。