民事再生という選択肢は住宅ローン等を含む多重債務の問題に苦しんでいる方に対して、

民事再生という選択肢は住宅ローン等を含む多重債務の問題に苦しんでいる方に対して、住んでいる家を手放さずに金銭管理において再建するための公の機関を通した借金整理の手順として2000年11月にはじまった選択肢です。  

民事再生には、破産のように免責不許可となる条件がなく散財などで借金したような場合においてもこの手続きはOKですし自己破産により業務ができなくなるリスクのある業種で仕事をしている場合などでも制度の活用が行えます。  

破産申告では住宅を対象外にすることは無理ですし任意整理等では、借金の元金は返済していかなくてはなりませんので住宅ローンなどを含め払っていくことは実際には困難だと考えられます。  

ただ、民事再生による手続きを選択できれば住宅ローンを別とした借り入れについては相当な額を圧縮することも可能なため十分に住宅ローンなどを支払いながら他の債務を返済していくようなことができるということになります。  

しかし、民事再生による解決は任意整理や特定調停等と異なって特定の借金を除外して処理することはできませんし破産のように借り入れ金が消えてしまうわけではありません。  それに、これ以外の解決手順と比べると煩雑で期間もかかりますので、住宅ローンを組んでおり住んでいるマンションを維持していきたいような時を除外して、破産申告などのそれ以外の整理ができない際の限定された解決策とみなした方がいいと思います。