民事再生による整理は住宅ローンを含めた重債務に苦しむ方々のために住んでいる家を維

民事再生による整理は住宅ローンを含めた重債務に苦しむ方々のために住んでいる家を維持したままで金銭面で再建するための法による謝金の整理の処理方法としてスタートしたルールです。

民事再生は、破産宣告とは違って免責不許可となる要件はないために競馬などで債務が増えたような場合も民事再生は可能ですし、破産申告をすれば業務できなくなってしまう立場で仕事をしている場合などでも手続きが可能です。

自己破産制度では住んでいる家を対象外にすることはできませんし任意整理や特定調停などでも、元金自体は支払っていくことが求められますので、住宅のローンも支払いながら返済を続けるのは多くの場合は困難だと思われます。

といっても、民事再生による手続きを選ぶことができれば、住宅のためのローンを除いた負債については少なくない金額を減額することが可能なため余裕がある状態で住宅のローンを払いながら残った負債を返済していくこともできるということになります。

とはいえ、民事再生という方法は任意整理や特定調停といった処理と違って一部の債務だけを省いて処理をすることは考えられませんし、破産手続きの場合のように借り入れ金それ自体帳消しになるのではありません。

これ以外の手続きと比較しても手続きの方法が煩雑で負担もかかりますので住宅のためのローンがあって住宅を維持していきたいような時を除き破産申告のようなそれ以外の債務整理ができない時の最後の手続きとみなした方がいいでしょう。