特定調停というのも任意整理による手続きと同じくおのおのの債権者に対し支払いを行っ

特定調停というのも任意整理による手続きと同じくおのおのの債権者に対し支払いを行っていくことを前提とした債務整理の方法のことをいいます。わかりやすくいうと裁判所が処理する任意整理といえます。特定調停も任意整理による解決と似ていて自己破産手続きとは異なり一部分のお金だけをまとめていくことが可能ですので他に連帯保証人が関連する借金を除いて手続きをする時や住宅ローンを別として検討していく際などにおいてでも検討することができますし築き上げてきた資産を放棄してしまう義務がないため、自動車やマンションなどの自分の資産を所有していて、処分したくない場合でも選択肢になる借金整理の方法となっています。

いっぽう、今後の返済に必要となる額と実現可能な所得をかんがみて適切に完済が見通せるようである場合はこの方法で手続きを進めていくことは可能ですが、破産宣告とは異なって借金そのものが消滅してしまうわけではありませんので総量がだいぶある場合などは特定調停による選択をするのは難しいといえるでしょう。あと、この方法だと公の機関が中に入るので弁護士等に関わってもらわなくてもリスクが増えることはないということとか処理のための諸経費を減らせるという利点はありますが、貸し手の取り立てに対し債務者自身が説明しなければならないこととか実際の裁判所に何度も足を運ぶ手間がかかるといったデメリットもあります。

さらには、任意による整理と比較してみると調停にて解決できないような場合は借入利息をすべて付けた額で返していくことになるということや結果としては貸し手に対し返済する金額が任意整理による方法よりも割高になる場合が多いという注意が必要な点もあります。