特定調停という方法も任意整理による処理と似ていて、おのおの債権を持つものに借金の

特定調停という方法も任意整理による処理と似ていて、おのおの債権を持つものに借金の返済を続けることを前置きとした借金整理の方法のことをいいます。

言い換えるなら裁判所がやる負債整理といえます。

この特定調停という方法も任意整理とほぼ同じく自己破産手続きとは異なって一定の借金だけを処理していくことになるので、保証人が関与している負債以外だけを整理をする時や住宅ローンの分以外だけを整理する際などにおいても検討することが可能ですし、築き上げてきた資産を放棄する義務はないので株式や有価証券自分名義の財産を持っているけれど放棄してしまいたくない場合においても有力な選択肢になる債務整理の手続きといえるでしょう。

しかし、これからの返済に必要となる額と実現可能な収入を検討し、適度に返済の目処が立てられる場合においてはこの特定調停による手続きで進めるほうが良いですが、破産手続きのように借金そのものが消えてしまうというわけではありませんので借りている金額が巨額な場合には、残念ながらこの手続きを実行するのは難しくなるということがいえるでしょう。

いっぽう、国の機関が介在しますので弁護士などのプロに見てもらわなくてもリスクが増えるようなことはないという点とか、金額を削減できるという点は魅力的ですが、わずらわしい取り立てに対し債務者自身が応対していく必要があることに加え文字通り裁判所に何回も出頭する必要があるなどといった留意点もあります。

また、任意整理による解決との比較点ですが、この方法により和解が成立しないときには利息をそのままの計画で渡していかないといけないといった点や結果的にそれら債務者に支払っていく額が任意整理による解決に対して増えてしまう傾向があるというような注意が必要な点もあります。