特定調停も任意整理と同じように各債権者へ借金の支払いを続けることを選択した債務を

特定調停も任意整理と同じように各債権者へ借金の支払いを続けることを選択した債務を整理する形です。

わかりやすくいうなら裁判所がやる負債の整理と考えることができます。

特定調停という方法も任意整理による手続きとほぼ同じく破産とは異なってある部分のみの借金のみをまとめることが可能なため、他に連帯保証人が付いている借入金を別として手続きする場合や住宅ローン以外で手続きする場合などでも用いることもできますし、全ての財産を処分する必要がありませんので投資信託や住宅などの自分の資産を持っているものの、手放したくない場合などでも選択肢になる借金整理の方法になるでしょう。

しかしながら、これから返済する額と現実の所得額を検討し、適度に返済の目処が立つようである場合は特定調停の手続きを進めることに問題ありませんが破産と違い返済義務がクリアになるというわけではありませんので、総量が大きい状況の場合実際に特定調停の選択をするのは困難であるということがいえるでしょう。

あと、この特定調停は公的機関が間に入るため弁護士事務所などに依頼しなくても立場が弱くなるようなことはないという点やお金を節約できるというメリットはあるのですが、お金の貸し手からのきびしい取り立てに債務者自らが処理していくことになることや実際に裁判所に何回も出頭する手間を要するなどのデメリットもあります。

任意による整理との比較になりますが、調停が終わる段階で和解に達しないような際は利子をそのまま付けた金額で振り込んでいくことになるといった点や最終的にはお金の貸し手に返済していく額が任意による整理の場合よりも増えてしまう傾向がある等のデメリットもあります。