破産の申告は自分の都合で一部のお金を度外視した申告はできないので住宅ローンあるい

破産の申告は自分の都合で一部のお金を度外視した申告はできないので住宅ローンあるいは親族などの連帯保証人が存在する負債を外して行う自己破産の申請はできないのです。高額な住宅ローンがある状態で自己破産に関する申告を実行した場合マイホームは押収されてしまいます故ローンを継続して払いながら(自分の家を手放さずに)お金を整理したい際には民事再生という別の申請方法を検討すると良いでしょう。一方で親族などの保証人が存在している借金が残っている際には債務者が自己破産申請をしてしまった場合保証人宛てにじかに請求書がいくのです。さらには所有している財産(建物、自動車、証券類、災害保険等)は、通例すべて処分の対象になってしまうため、なるべく持っていかれたくない財産があるケースないしは自己破産の申告を行うと営業が出来なくなる免許を使って労働されているケースですと別のしかた(任意整理又は特定調停手続など)を考えなければならないのです。また、賭け、無駄な支出で債務がある際には自己破産の目的である免責(返済義務のある借金をなかったことにする)が認定されないことが十分にあり得ますから他の借入金返済の仕方(特定調停、任意整理、民事再生)といったことも考慮に入れて検討することが必要になることもあるかもしれません。