破産宣告の際持っている借金にあたってその保証人となる人がいるときにはきちんと相談

破産宣告の際持っている借金にあたってその保証人となる人がいるときにはきちんと相談をしておいたほうがよいでしょう。再度、強調させていただきますが負債に保証人を立てているときは、破産手続きの前段階によく考えるべきです。なぜならばあなた自身が破産してOKが出ると、保証人がそれらの負債をみんな負う必要があるからです。破産宣告以前に保証人に至った詳細とかおかれた現状を説明し、お詫びの一つもなければなりません。そういったことはあなたの保証人の立場で考えると当然のことです。借金をしたあなたが自己破産することによりとたんに多額のローンが回ってくるわけですから。そうして、その後の保証人となる人の取れる方法は以下の4つです。一つめは、あなたの保証人が「すべて支払う」という方法です。保証人となる人がいつでも何百万円もの金額をいともなく返すことができるというような現金を持っていれば、この方法ができます。そういう場合はむしろあえて自己破産せずにその保証人にお金を貸してもらって今後は保証人に返済していくという形も取れると思います。その保証人があなたと関係が親しいのなら、少しは期日を延ばしてもらうことも可能かもしれません。いっぽうでいっしょに完済できない場合でも、業者側も相談で分割支払いに応じるかもしれません。保証人となっている人にも破産申告を行われてしまうと、カネがなにも返済されないことになってしまうからです。その保証人が債務者のお金をすべて背負う財力がない場合は借金したまた同じくいずれかの借金を整理することを選ばなければなりません。2つめの選択肢は「任意整理」によって処理することです。この手順では貸方と話し合う方法でだいたい5年ほどの期間内で弁済する方法です。弁護士に依頼するときの費用は1社につき4万円。もし7か所からの借金があった場合28万必要です。当然貸した側との交渉は自分ですることもできないことはないかもしれませんが法的な経験も知識もない人だと債権者があなたにとっては不利な条件を提示してくるので慎重である必要があります。それと、任意整理を行うということはカネを払ってもらうわけですから借金をしたあなたはちょっとずつでもその保証人に返済していく義務があるでしょう。さらに3つめは保証人も返せなくなった人と同様「自己破産を申し立てる」ということです。保証人である人も債権者とともに破産すればその保証人の返済義務も消えてしまいます。しかしながら、保証人である人が不動産などを持っているならばそういった財産を取り上げられますし、司法書士等の仕事をしているのであるならば影響を受けます。個人再生を検討するといいでしょう。4つめの選択肢ですが「個人再生制度を使う」方法があります。マンション等を処分せずに整理を希望する場合や自己破産では資格制限がある業務に従事している場合に検討していただきたいのが個人再生による処理です。この方法の場合、不動産は残りますし自己破産のような職種制限資格に影響する制限等は一切ありません。