破産申し立てでの手順によると申請する人は第一に申請書類を住む場所を管轄する裁判所

破産申し立てでの手順によると申請する人は第一に申請書類を住む場所を管轄する裁判所へ届けることになります。申し立てる人が出した申請書が届いたら裁判官は自己破産申立の認定をするのがよい事項があるかというようなことを考慮する流れになって、調査の終わった後、返済不能の状態などといった破産の必要条件が十分満たされている場合は決定がなされるということになります。けれども、承認があっても、返済義務が消滅したことにはなりません。さらに免責の判定を求める必要があります。

免責と呼ばれているのは破産の手続きの際に清算が無理な申請者の返済額に対しては、法によって責任を免じるというものです。※つまりは負債額を帳消しにすることです。免責でも破産申請の判定の審理と同じように診断がおこわなわれることになり審理の末に免責の認定が得られたとしたら、破産者は責任から自由になることになり負債額はゼロとなり、結果として、各種ローンやクレジット用のカードが利用不可になることを別にすれば自己破産判定者が被る不便からも免れることになるのです。このとき、免責拒否(責任をまっさらにしない)という決定がされてしまうと債務さらに破産判定者の受ける不利益は残されることになってしまうのです。

免責システムは無理もない原因で借金を抱えてしまい苦境に立たされている方々を救出することが目的の取り決めです。というわけで、資産を隠して破産の処理をしたりして裁判官に対し偽物の証拠を提出するといった悪用する人や賭け事や暴飲暴食などの浪費によって負債を負ってしまった方々の場合破産の許諾過程を消したり、免責扱いが許されることはありません。法律では、免責の許諾を受けることが認められない要因を上で提示した事例以外も大量に明記しており、それについて免責の不許可の事由といいます。