私の一番の苦しみ続けた借金の取りたてを止めさせることが出来ました!

返済が出来ず本気で悩み経験だった取立てがやめさせることができた体験談です。わたしは工場の派遣なのですが、1年間に入るお金は190万ほどしかならないのが現実です。1か月当たりの手取りはおよそ15万という金額 、アパートの賃貸料や電気代、ご飯代に通信費を賄うと、毎月ギリギリの状態でやっていかなくてはなりません。そういうこともあり、本当にお金がいるたびにカードローンから借金をずるずると繰り返していました。ほんのわずかでも負担を少なくしたいので、はじめの借入れで30日間無利息期間があるというキャッシング会社を手あたり次第借りていってしまいました。給料が僅かこともあって、それぞれ1社に対しての希望額は10万程におさめていますが、しかし、目下、元利にして60万円で、利子も合わせると合計100万円近い金額に上ってしまい、月のキャッシング返済も4万になり、返済し続けることができなくなってしまったのです。

僕が今借り入れのある金融会社は6社です。この業者から借金の返済の求める主旨の督促状や電話でのお願いが、入れ替わりで入るので、返済が出来ない自分自身が本当に悪いとわかっているのですがいい加減うんざりして頭を抱えていました。夜勤を終えてからすぐに、ケータイを確認するとくらい着信が届いて、そうこうしている間にケータイの料金も払えなくなり繋がらないと、今度は職場にまで訪ねて来たローン業者も少しずつ現れ始めました。これが続けばクビになるかもしれないと思い、藁をも掴む思いで司法書士に経緯を説明をし、負債返済の処理をとることにしたのです。それから間もなくのことでした。僕の借金について司法書士が受任通知をローン会社に通知してから、どこのカード会社からもしつこい家や会社への押しかけが止まりました。それまでの騒ぎがなかったかのようにぴたりと止んで嬉しかったです。

それから、ぼくは希望を持つことができ、今後の返済や、どうやって生活をしていったらいいのかを納得できるまで熟慮する貴重な時間を作ることができました。一方で、司法書士の方が各キャッシング会社ずつ任意再生の調整をしてくれた上に、利子を圧縮して、キャッシングローン返済額の減額の話し合いの内容をまとめてくれた本当に安心しました。お陰さまで毎回のカードローン返済金額は半額以下にダウン出来て、大変だったけれどやっと生活を立て直していくという望みをついてなり本当に嬉しかったです。このように急に状況がリセット出来るんだったら、もっと早めに司法書士の先生に相談に行けばだったかなととても強く思いました。借金問題は、とにかく行動することで劇的に解決できるのです!まずは一度弁護士事務所や司法書士へ電話してみることをおすすめします。