自己破産とは端的に説明すると債務返済が不可能になったという決定を与えられた債務を

自己破産とは端的に説明すると債務返済が不可能になったという決定を与えられた債務を負った人が所有するほとんど全ての持ち物(生きていく上で最小限度なくてはならないものは保有することを認可されている)を没収される代わりに、ほぼ一切の債務が取り消しにできるのです。  

自己破産以後、働いて得たお金や所有した財貨を債務に充当する必要、支払い強制力全くなく借りた人の更生を促すために作られた法制といえるでしょう。  

多重債務における問題を負う人が多くの場合負っている悩みで破産の申告をすることへの抵抗があります。  会社の同僚に知れ渡ってしまいこれからの社会生活に支障をきたすのでは、といったように思ってしまう借り主が非常に多くいらっしゃいますが実際のところ不安に思わなければいけないような縛りはないのです。  破産の申告は多くの借金借金超過のせいで苦しんでいる方々を更生させることを目的に国会で定めた法的制度なのです。  自己破産が確定したものについてそれ以降の日常で支障をきたすような場面は無いように制定された枠組みと言えるでしょう。  しかし自己破産の申込を行うには確実に満たしておかなくてはならないような条件があるのに注意しましょう。  

それは何かと言うと借金をどんなに頑張っても弁済することが出来ない(債務弁済不能状態)になってしまったという司法機関の判定です。  返済額の額ないしは裁定時の収入を参照して自己破産を望む人が返却出来ない状態だという具合に司法的に認められたら、自己破産というものを行う事ができるのです。  

例えば破産申告者の多重債務の総額が100万円であることに対し給料が10万円。  そのケースでは負債の返済がほぼ不可能であるため、弁済不能だと認定され自己破産の申立を行えるようになるのです。  

しかし職があるかどうかという事は制度上あまり参考にはされず、破産の手続きは通常のように労働しても債務返還が難しい状況にある人が対象になるという取り決めがあるので、労働が可能な状態で、労働することの出来る環境にあるのであれば未返済金などの債務のの全体が200万にまで届かないということであれば、自己破産申告が退けられてしまうといったこともあります。