自己破産手続きをする人で持っているローンに関してその保証人となる人がいるときには

自己破産手続きをする人で持っているローンに関してその保証人となる人がいるときには事前に話しておいた方が良いです。さらに、改めてお話ししますが負債に保証人がいるときは破産の前に少し検討する必要があります。つまりは自分が破産手続きを出して免除がおりると、その人たちがあなたが作った借り入れをいっさいがっさい払うことになってしまうからです。

破産宣告の前に保証する人に至った経緯とか現状について報告しつつ、謝罪をしておかなくてはなりません。これは保証してくれる人からすると不可欠なことです。負債者のあなたが破産することから何百万円もの負債が生じるのですから。そうなると、それからの保証人である人の取るべき手段は次に示す4つです。一つめは、保証人である人が「全額返金する」ということです。保証人である人がすぐにでも数百万もの負債を苦労することなく返金できるといったようなカネをたくわえているならば、それができます。ただその場合は、あなたは破産せずに保証人である人に立て替えてもらい自分は保証人に月々の返済をしていくという選択肢もあるかと思います。

その保証人が借金をした人と信頼関係にあるなら、いくらか返金期間を考慮してもらうこともできないこともないかもしれません。ひとまとめにして完済できなくともローン業者も話し合いで分割による支払いに応じる場合も多いです。保証人にも自己破産をされると、お金がなにも戻ってこない可能性があるからです。保証してくれる人が負債をあなたに代わり支払う財産がなければあなた自身とまた同じように何らかの方法による借金の整理を選ばなくてはなりません。続いては「任意整理をする」ことです。この手順では債権者と落としどころをつける方法により、5年ほどの期間で弁済していく形になります。依頼する際の経費の相場は債権者1社につき約4万円。全部で7社から契約があるとしたら28万いります。

もちろん相手方との交渉は自ら行うこともできますが法的な知識のない人の場合債権者側があなたにとっては不利な内容を勧めてくるので、注意する必要があります。それに、任意整理してもらうということは保証人に債務を負担してもらうことを意味するわけですから少しずつでもあなたの保証人に支払いをしていく必要があります。さらに3つめはその保証人も返せなくなった人と同じく「自己破産を申し立てる」という選択肢です。保証人も返済できなくなった人とともに破産申告すれば保証人の返済義務も消滅します。

ただ、不動産などを持っているならばそういった個人財産を失いますし、証券会社の役員等の業務に従事している場合は影響がでます。そのような場合、個人再生という処理を利用するといいでしょう。では4つめですが「個人再生という制度を利用する」ことができます。マンション等の不動産を処分せずに借金の整理を望む場合や破産申告では資格に影響する職務に従事している方にふさわしいのが個人再生です。この方法なら不動産は処分が求められませんし、破産申し立ての場合のような職業にかかる制限資格に影響を与える制限が一切かかりません。