週刊誌の宣伝、ゴシップ紙、電話ボックスに貼られたビラや郵便広告で、「多重借金の整

週刊誌の宣伝、ゴシップ紙、電話ボックスに貼られたビラや郵便広告で、「多重借金の整理整頓任せてください」「多重債務をひとつにしたくないですか」という内容のアピールを読むことがしばしばです。

そういったものは、「整頓業者」「買取専門屋」「紹介者」と呼ばれている悪徳業者の広告のケースもあります。

このようなものを申し込んだケースでは自己破産申し立て手順の中で最も大切な免責承認を受けられなくなる恐れもあります。

「整理業者」は、多重債務者をおびきよせ高額の料金をもらって債務整頓を行いますが現実には借金整頓は行われず、債務人は借金スパイラルに陥る失敗がほとんどと言ってよいでしょう。

「買取専門屋」は債務者のローンで家電、何らかの券を大量に購入させ、負債者から買った品を定価の2割ー半値で受け取るというやり口が知られています。

借金者は一時的には現金がもらえますが、クレジット業者から購入物の催促がくることになり、結局のところ負債を増やす結果になります。

このケースではクレジットカード業者に対して詐欺ということになって免責許諾をもらえません。

「紹介人」の場合は大口の貸金から借りられなくなった債務人について、金貸しは全然せずに、提供を受けられる異なる会社を知らせ、常識外の料金を出させる業種です。

つなぎ業者は自らの紹介で融資可能になったというふうにしゃべりますが、現実は何もせず、単純に規程の甘い店を伝えているということなのです。

このときも借金を悪化させるだけです。